学習会マニュアル

毛布を集める前に、みんなでその目的やアフリカの状況、支援状態などを学ぶ会を設け、情報や意識を共有しましょう。

準備

映像をみんなで見る場合はインターネットに接続可能なパソコン、TVモニターなどを用意し、本サイトの映像が視聴可能な状態にします。また、この運動のことが書いてあるチラシや資料を配る場合は事前に揃えておきましょう。


学習会の流れ

知る1なぜアフリカへ毛布をおくるのか?

アフリカへ毛布をおくる運動の基本的な情報を共有します。
毛布が送られる現地の状況がわかる映像を視聴したり、毛布を受け取った方の喜びのメッセージを読んだりすることで、過酷な状況で生活をしている人々がたくさんいること、毛布で多くのいのちが救われることを学び合います。

深める自分の生活と比べよう

毛布がおくられる国のインフラについて調べたり、自分の生活と比べたり、人々の思いを想像するなどして、アフリカで生きる人々を自分事として深く捉えられるようになると、毛布一枚の持つ意味が深く感じられるでしょう。
例えばワークショップ形式にし、アフリカの人々から学んだことや、自分がこれからの日常生活で出来ることを話し合い、発表する場を作ると、みんなの思いが深まります。

知る2どんな仕組みで送られるのか?

運動への協力の仕方、今年配付される国のこと、毛布を集める期間など、具体的な情報を分かち合い、行動につなげましょう。

振り返る収集後のかみしめ

毛布収集後に再び集い、運動に取り組んでみて、どんなことを感じたのかを振り返ってみましょう。

【振り返りの視点例】

  • ・取り組んでみた気づき、学び
  • ・取り組んでみた気づき、学び
  • ・日本の生活とアフリカの関係
  • ・これからの私たちにできること、この運動以外で自分はどんなことで役立つことができるのか?


学習会用おすすめ素材

知る1なぜアフリカへ毛布をおくるのか?
知る2どんな仕組みで送られるのか?

チラシ裏面
運動への参加方法と毛布輸送の仕組み、昨年度の実績など


毛布が届けられた国の地図

その他の資料、素材はトップページからお選びいただけます。