JHP・学校をつくる会

JHP・学校をつくる会は、カンボジアを主な対象国として、小中学校の建設、音楽美術教育の普及等の支援活動をしている特定非営利活動法人です。1993年の発足以来240余棟の小中学校校舎を建設。若者をボランティア活動のためカンボジアへ派遣したり、小山内美江子国際ボランティアカレッジを開講し、日本の若者を地球市民として育てるための学びと体験の場を提供しています。

一枚の毛布から

JHP・学校をつくる会 代表
小山内 美江子

1984年にアフリカの広い範囲で大干ばつが発生し、大きな被害をもたらしました。 エチオピアだけでも100万人以上の人がそのために食物もなくて命を落としたといわれています。

この危機状況に、当時のユニセフ事務局長は全世界に対して毛布200万枚の緊急支援を呼びかけました。アフリカは高地もあって1日の中でも寒暖の差が激しく、生命の危機にあった人を助けるために、当時日本の外務大臣であった安部晋太郎氏は現地を視察し、人間はこれほどまでに痩せるのかとその惨状を国会で報告し、涙を流して支援を訴えました。 これを受けて国民的人気のある森繁久彌氏を会長とした「アフリカへ毛布を送る会」が発足し、支援を訴えたところ、ユニセフ事務局長が世界中に訴えた目標枚数に近い171万枚の毛布が日本だけで集まりました。

現在の「アフリカへ毛布をおくる運動推進委員会」はこの活動を絶やしてはならないと今日まで引き継ぎ、すでに故人となられた安部晋太郎氏や森繁久彌氏の遺志を受け継ぎ30年にわたって毎年数万枚の毛布を送り続けてきました。この運動が30年にわたって継続されてきたのはひとえにこの活動を支えてこられた事務局のみなさまの熱意とそれに賛同して運動に参加された日本全国の多くの方々の助け合おうという思いの賜物です。この間に集まった400万枚の毛布は夜ひときわ寒くなるアフリカ各地において人びとを暖め命を守り続けています。 このような地道な活動こそ日本が世界の人びとから信頼され、尊敬される国になる礎になると思います。

それだけでなく「アフリカへ毛布をおくる運動」は実は日本の若者を育てることにも役立っています。一つのエピソードがあります。私が代表を務める「JHP・学校をつくる会」から配付ボランティア隊に参加した若者が、たまたまJHPの仲間のメッセージが書かれた毛布にアフリカで出会いました。この時は毛布枚数が多く実に17万枚分の1という奇跡的な確率での出会いでしたが、彼はこのアフリカでの出会いに感動するとともに、地球市民として共に生きていることを実感したと語っていました。